ローン

Mon
24
Jul
Fri
30
Jun

住宅ローンの心得

 
せっかく家を購入することを決めたのに、充分な資金が手元にある人を除いて、通常は住宅ローン審査に通らなければ家を手に入れることはできません。
住宅ローンの審査項目として、個人の信用情報が大変重要となります。クレジット系の保証会社と銀行系会社の保証が必要になり、銀行会社の審査に合格しても保証会社の審査に通らなければ、ローンを利用することはできません。
ローン審査前には、年収や勤務先・勤務年数などを心配がちではありますが、実は、過去の消費者金融の利用、過去のクレジットカード利用金額やキャッシングの延滞、リボルビングシステムの利用状況、現在のローン状況、クレジットカードの保有数などが重要視されています。審査申請前には、最低限、利用額の返済を行ったり、使用していないクレジットカードを解約するべきです。
家を購入する契約を行う前に、住宅ローンに通るかどうかを事前に確認しておく審査を事前審査といいます。約1週間程で審査は完了します。銀行はどんな項目を基に事前審査を行っているのでしょうか?

まず、ローンの完済を終える年齢は80歳未満と設定している銀行が多く、80歳を超えるような住宅ローンの申込は審査に落とされる可能性が高いと予想できます。同様に、借りる時点での年齢が高い場合も落とされる可能性が高くなります。
その他に、勤務年数や年収、担保評価、返済負担率、健康状態などが主なチェック項目です。携帯電話料金や年金・税金の滞納があったり、クレジットカードの返済状況によっては落とされることが多いにあります。
しかし、例えブラックなあなたにでも、お金を貸したい業者は存在します。大手ではない企業や新規開設したばかりの業者など、顧客を獲得するために審査基準が非常に緩く設定されており、借入に成功しやすいでしょう。

 

提携広告

 

 

 

 

 

 

 

 

Subscribe to RSS - ローン