不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは、一戸建て、マンション、土地、別荘などの不動産を担保にしてお金を借りることができるローンサービスのことで、原則として使途が限定されずに利用できます。無担保のフリーローン等に比べて、不動産が担保となるため、低金利で借りる事ができ、返済期間も長めなところが強みです。安心度が高いので保証人も不要な場合が多いです。

また、不動産を担保に入れられる人は債務の履行能力が高い人と考えられ、ローンは基本的に債務の履行能力が高い人には高額の出資が可能となるので、高額の融資を期待することができるでしょう。

しかし、借りたお金を返せないとなると、担保となる不動産を強制的に競売して返済を完了しなければいけない所が怖いかもしれません。

個人の小額の借入なら、もっと気軽な借入方法もあります。キャッシングやカードローンなら、審査さえ通れば使途が限定されることなく借入を行うことができます。

キャッシングを使うと、いざという時にいつでも消費者金融やクレジットカードを利用して現金を借りることができます契約前には審査があり、審査を通過しなければキャッシングすることはできません。また、借りる事ができる金額の上限は契約内容によって決められます。借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。

これまで、消費者金融はあまりイメージの良い印象ではありませんでしたが、最近では「30日間無利息融資」のキャンペーンを行ったり、CMに有名人を起用するなどして、昔ほど近づきにくい存在ではなくなりました。即日融資に対応しているサービスも多いので、急に現金が必要になった人には、大変有り難い存在かもしれません。

海外旅行の際には、クレジットカードのキャッシング機能を活用することができます。両替をしなくても、ATMさえあれば、現地の通貨を好きな金額引き出すことが可能です。両替にかかる手数料を考えれば、キャッシングの金利の方が安くなることもあります。

カードローンもお金を借りる手段の一つでしょう。カードローンとは、個人向けの無担保ローンのことで、限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができたり、ATMを利用して簡単に返済することができます。

銀行や消費者金融が提供していますが、銀行のカードローンの方が金利が低いことが特徴です。原則的に定職に就いており、安定した収入がある方なら申込みは可能ですが、審査に通らないことも良くあります。限度額が低い場合には、年収証明書や保証人を提出しなくても申込することがかのうです。限度額10万円のカードローンもありますので、学生や専業主婦でも作れるカードローンもでてきました。

カードローンはフリーローンのひとつです。資金使途が限定されません。一旦審査に通れば、ATMから簡単にお金を借りることができてしまうので、使い過ぎに注意しましょう。
 

Rate this article: 
No votes yet