遺産相続にまつわるお金のこと

提携広告

 

遺言で各相続人の取得する財産が具体的に特定されている場合や分割方法の指定が指定されている場合には、その遺言に従って遺産分割を進めます。しかしながら、全ての財産について詳細に分割が指定されていればスムーズなのですが、分割方法の指定がなかったり遺言自体がないケースであれば、誰がどの財産をどれだけ取得するか話し合い、財産を分けることになります。

 

遺産分割には3つの方法があります。土地は妻に、株式は長男に・・・というように遺産そのものを現物で分ける「現物分割」、不動産等の遺産一部または全部を売却してできたお金を分ける「換価分割」、遺産の全部または一部を相続人中の1人また一部の者に取得させ、その代わりとして他の相続人に不足分を代償金として支払う「代償分割」です。

提携広告

 

遺産の分割については、被相続人が遺言で分割を禁止していない限り、いつでも自由に分割を請求することができます。

 

ただし、法定相続人だからといって、必ず相続できるとは限りません。

 

 

 

Rate this article: 
Average: 2.3 (3 votes)